一年のうち交通事故が最も多いのは12月

警察庁の交通事故統計によると、過去5年間で12月が1年の中で最も多く発生しているようです。

 

時間帯で見ると 通勤時間の7時から8時、 16時から18時の時間帯に最も多く発生しています。

 

なぜ、12月の7時から8時、16時から18時の時間帯に多く発生するのでしょうか?

 

1つ目の理由は、雪や路面の凍結による車のスリップだそうです。

 

2つ目の理由として、日照時間の短さが挙げられます。

年末にかけて日没時間が早まり、交通量が増える夕方と重なるためではないかと言われています

 

そして、三つ目の理由として、12月が一年を通して一番忙しくなる時期であることも大きく関係するようです。

 

仕事などが忙しくなり心の余裕がなくなることで事故を起こしやすくなります。また同時に、忘年会や新年の準備など、一年の切り替えの迫る時期だからこその状況が事故を起こしやすくしていると考えられています。

 

忙しい時期だからこそ、心に余裕を持って行動できるようにしたいものです。

 

交通事故に関しては、自分には起こらないだろう、と思ってしまいがちですが、H30年、宇都宮市で1497件の交通事故が発生しています。

1カ月にすると124件発生しています。発生件数からみても、決して他人ごとではありません。

 

事故の被害者になることはもちろん、加害者になることも避けたいものです。12月に限らず、一年を通して日頃からの心がけで少しでも交通事故を防げるよう注意していきましょう。