フォースカッターフェイシャルでスペシャルケアするなら英心整骨院おかもと

MENU

交通事故治療

事故現場の安全の確認

すぐに運転を停止し、負傷者がいた場合は速やかに救護し救急車を呼びます。
後続車からの追突などの、二次被害の危険性があるため、
他の交通の妨げにならないよう、車を安全な場所へ移動させましょう。

必ず警察に連絡

交通事故に遭った場合には必ず警察へ届け出なくてはいけません。
警察への届け出を怠ってしまうと、『交通事故証明書』が発行されないため
保険会社から保険金を受け取れない場合があります。
どんな些細な事故でも必ず警察に連絡しましょう。
※事故を起こした住所がわからない場合は、信号機の地名表示、
 道路標識や電柱の管理番号を伝える方法もあります。

加害者・加害車両の確認

加害者の『氏名』『住所』『連絡先』『自動車のナンバー』を確認しましょう。
嘘をいっている可能性もあるので免許証を提示してもらい、
しっかり確認しメモ、又は写真で記録に残しましょう。
出来れば勤務先の会社名や連絡先、電話番号も確認しておくべきです。

事故状況と加害者の言い分の確認と記録

加害者は、事故直後は責任を認めていても、あとになって異なる主張を
してくることがあります。
万が一に備えて、事故現場の状況を写真・動画で記録に残しましょう。
周りに、目撃者がいる場合は、名前と連絡先を聞いておきましょう。
過失割合などでトラブルになった場合の大きな証拠になります。
注)警察に実況見分してもらったから安心だと思っている方も多いようです
が、裁判にならないような事案では、警察の実況見分調書はあまり当てに
りません。

必ず自分で記録として残した方が保険会社との過失割合の交渉では役に立ちます。

保険会社に事故の連絡

事故後は基本的に相手の保険会社とのやりとりがメインになりますが、
場合によっては自分の入っている保険の『人身傷害補償特約』や
『搭乗者傷害保険』『弁護士費用等補償特約』が使える場合もあります。
自身の加入している保険会社に事故に遭ったことを連絡しましょう。

ケガがなくても、必ず病院を受診

事故直前は体が興奮状態にあるため、症状が出ないこともあります。
数日たってから症状が出てくる場合も多くあります。
事故日から時間が経ちすぎると、事故との因果関係を認められず、
治療費の保証を受け取れない場合がありますので、必ず受診するようにしま
しょう。

事故の際には当事者同士で示談等の話し合いをしない

当事者同士で示談交渉などを行うと必ず後でトラブルになりかねません。
必ず間に保険会社に入ってもらうようにしましょう。 

事故によって発生した費用について書類は大切に保管しましょう

交通事故で怪我を負った、通院のためにタクシーなどを利用した、
診断書の作成料など事故に関することで発生した費用は後で請求することが
できますので領収証などは無くさないように大切に保管しましょう。 

  • 初診をご希望されたい日をお申し付け下さい。
    ただし、ご予約順となっておりますので、ご都合の日にご予約できない場合がございますご了承下さい。

  • 大きな誤解です。癖にはなりません。
    関節の軟骨や半月板に異常があり炎症がおきると水(関節液)が溜まることがあります。
    炎症がおさまれば溜まらなくなります。根本の原因を治療しましょう。

  • 効果の保障はありません。
    一種の健康補助食品であり、胃で消化されるため有効な形で軟骨までとどくかどうか疑問です。
    医学的には実証されていません。バランスのとれた食事や適度な運動が重要です。

  • どちらでも構いません。
    シップは温冷が目的ではなく経皮吸収型の痛み止めです。
    とうがらし成分やメントールにより温冷は感じますが、血流を変化させるほどの温度変化はありません。
    貼って気持ちのいい方を使って下さい。

  • 患側と反対側の手に持ちます。
    例えば右足が悪ければ左手に持ちます。
    右足を踏み出す時は左手の杖も前に出し、右足に負担がかからないようにします。

  • 腰椎椎間板ヘルニアは手術療法まで必要となることは少なく、薬物治療や牽引などの保存的療法で改善します。
    症状の強い場合や薬物治療のみでは効果が乏しい場合は硬膜外ブロック注射が大変効果があります。
    入院し硬膜外カテーテルを入れ持続的にブロックを続けたり、選択的神経根ブロックを行うこともあります。
    こういった治療にもかかわらず、症状がとれない場合に手術を考慮します。

  • 手のしびれは様々な原因で生じます。
    脳疾患、頚椎、末梢神経、血管性などで見られますし、五十肩や肘での腱付着部炎でも痛だるさをしびれ感として訴えられるかたもいます。しびれの診断には問診や診察が重要です。
    MRIやCTも補助診断として有用です。
    診察の結果、必要な検査を行いますので一度受診をお勧めします。