フォースカッターフェイシャルでスペシャルケアするなら英心整骨院おかもと

MENU

交通事故治療で使われる自賠責保険とは?

過去に交通事故に遭ったことがある人を除けば、聞いたことはあっても具体的にどんな保険の内容なのか知らない方が多いと思います。
保険の種類には、自賠責保険と任意保険がありますが、自動車やバイクに乗る人にとって自賠責保険は強制的に加入しなければいけない保険になります。
車検の際に皆さん必ず自賠責保険料を支払っていると思います。
自賠責保険は、事故被害者の方のケガに対してのみ補償する最低限の保険制度です。
そのため物損事故についての補償等は一切ありません。
保険の補償内容は治療費・慰謝料・休業補償・交通費などで、車の修理費等は含まれません。
交通事故による傷害(捻挫・打撲・骨折・むちうち等のケガの場合)は上限120万円まで補償されます。
自賠責保険による限度額(被害者1名につき)
傷害による損害:120万円
・後遺障害による損害
①常時介護が必要な場合:4000万円(第1級)
②随時介護を要する場合:3000万円(第2級)
③上記以外の後遺障害:3000万円(第1級)~75万円(第14級)
死亡による損害:3000万円
保険の上限120万円を超える損害賠償を請求された場合は任意保険に加入していれば超えた部分を補償してもらえるので自己負担はありませんが、任意保険に未加入であれば超えてしまった部分は全て自分で支払う必要があります。