フォースカッターフェイシャルでスペシャルケアするなら英心整骨院おかもと

MENU

症状固定・後遺障害

症状固定とは

症状固定とは、これ以上治療を続けても改善が見込めない状態のことです。
症状固定と判断されると、後遺症が残ったということになります。
つまり、症状固定とは、賠償上、「傷害部分」の終わりを意味しています。
『むちうち症』の例でいえば、薬や施術を受けると少し良くなるけれど、少し経つとまた戻り、という一進一退を繰り返す状態のことです。

後遺障害とは?

後遺症とは治療を行ったけれど治らなかった症状のことです。
交通事故のケガで最も多いのは頸椎捻挫、腰痛捻挫であり、この場合後遺症としては神経症状が残ることになります。
それに対して『後遺障害』とは、交通事故によって受傷したケガが、将来においても回復の見込めない状態となり(症状固定)、その原因であることが医学的に証明されるととともに、労働能力の低下が認められ、その程度が自賠責保険の等級に該当するもの、とされています。
医師に後遺障害診断書を作成してもらい、症状に応じて等級が認定されるか審査をしてもらいます。
認定された後遺障害等級に応じて、慰謝料、逸失利益などが計算されることになります。
※すべての『後遺症』が、損害賠償請求が認められる『後遺障害』として認定されるわけではありません。

一般的な後遺障害認定までの流れ

交通事故によるケガの治療
症状として一定期間以上(6カ月)痛みが改善しなかった場合は症状固定
医師に後遺障害診断書用紙の作成
各種資料を保険会社に提出
診断書(医師が作成したもの)・後遺障害診断書 ・MRI・レントゲン画像
交通事故証明書、事故発生状況報告書
等級認定の審査を依頼
等級の認定、又は非該当
示談交渉・訴訟など
※すべての「後遺症」が、損害賠償請求が認められる「後遺障害」として認定されるわけではありません。