フォースカッターフェイシャルでスペシャルケアするなら英心整骨院おかもと

MENU

任意保険とは

自賠責保険と任意保険は、加入義務に違いがあります。
任意保険とは、一般的に自動車保険と呼ばれるもので、加入するかしないかは、運転者の自由となるため、任意保険と呼ばれています。
自賠責保険は相手方への補償だけですが、任意保険であれば自分への補償もされます。
任意保険は物損事故にも利用可能で、対人賠償と対物賠償を基本としながら、搭乗者傷害、人身傷害補償、自損事故、無保険車傷害、車両保険などさまざまな付帯サービスも付与可能となっていて補償内容を自分で決めることができます。

自賠責保険は、ケガに対する補償のみ

自賠責保険では、被害者が負傷した場合、または死亡した場合のみ賠償金が支払われ、負傷の場合は120万円、後遺障害の等級に応じて75万円~4,000万円、死亡時には3,000万円を上限に支払われます。
物損事故に対して補償金は支払われず、車の修理費も補償の対象外となります
皆さんが仮に事故の加害者になったとして、身体と車がどれだけの被害を受けても、自分の自賠責保険から保険金が出ることはありません。

任意保険には、あらゆる補償が付けられる

任意保険では、被害者自身はもちろん、自動車の修理費も補償金支払いの対象とすることができます。
対人賠償保険や対物賠償保険では、補償金額の上限を無制限にすることも可能で、被害者からの損害賠償請求に十分対応できるものです。
自身の身体や自動車に対する補償を付けることもでき、人身傷害保険、搭乗者保険、車両保険、また弁護士特約サービスやロードサービスなどを付帯させることも可能です。

対人賠償保険

自動車事故で、他人を死傷させてしまった場合の補償です。
自賠責保険などの支払額を超える部分について、保険金が支払われます。

対物賠償保険

自動車事故で、他人の車や家屋、物を壊してしまった場合の補償です。
ガードレール、信号機、電柱、店舗なども補償の対象です。

人身傷害保険

搭乗中や歩行中に、自動車事故で死傷したときの補償です。
過失割合にかかわらず、保険金額を限度に搭乗者傷害保険とは別にお支払いされます。

搭乗者傷害保険

ご契約のお車に搭乗中の方が、自動車事故によって死傷したときの補償です。対人賠償保険、人身傷害保険とは別にお支払いされます。

車両保険

自動車事故で、ご契約されているお車に損害が発生した場合の補償です。

無保険車傷害保険

自動車事故で死亡または後遺障害を負ったものの、相手の車が不明、もしくは無保険の場合などで、相手方から十分な補償が得られないときの補償です。

被害事故につき、弁護士に依頼して、加害者への損害賠償請求を行うのに、その弁護士費用を、自身が契約する任意保険会社が負担してくれる制度。
加害者側との交渉は弁護士がすべてしてくれるが、弁護士費用は任意保険会社が負担してくれるので、無料で、弁護士に依頼することができます。

事故・故障対応を無料でおこなうもので、ガス欠時のガソリン給油、レッカー移動をはじめとした不慮のトラブルをサポートしてくれます。

デザインの内容がここに入ります

交通事故で先に使われるのは自賠責保険

任意保険は基本的に、自賠責保険ではカバーしきれない、通院費・慰謝料・交通費を含む損害賠償金を補う保険となります。
もともと自賠責保険は、加害者が被害者の損害を補償するだけの資力がない場合を想定して、強制的に運転者全員を強制加入させて被害者を救済するという制度です。但し自賠責保険によって補償されるのは最低限の金額であり、被害者が死亡した場合に支払われる保険金は、現在の相場には程遠い金額で、後遺障害の残るような重度の負傷に対する補償も十分に賄うことができません。

多くの自動車が任意保険未加入で走っている

2016年、保有車両の任意保険(対人補償、対物補償)普及率は約70%だそうです。
このうち自家用乗用車になると2015年度の対人賠償責任保険の普及率は80%となりますが、それでも20%以上の方の運転する自動車が任意保険未加入で、道路を走っています。
月々の保険料の負担が大きいので任意保険には入らないなど、さまざま理由があると思います。
任意保険は、加入するのは任意ですが、万が一交通事故を起こした場合、自賠責保険だけでは賄えない損害賠償の問題が起きる可能性はきわめて高く、そうなった場合に不幸になるのは被害者と加害者の両方です。
せめて自分が加害者になったとき、被害者に十分な補償ができるよう、任意保険にも加入しておくべきでしょう。