フォースカッターフェイシャルでスペシャルケアするなら英心整骨院おかもと

MENU

むち打ち症とは

交通事故による受傷で一番多いのは『むち打ち損傷』です。『外傷性頸部症候群』『頸椎捻挫』といわれ頚部外傷の局所症状の総称です。交通事故等で追突された際に首がムチのようにしなるため『鞭打ち(むちうち)』と呼ばれます。
追突時の衝撃で首や背部に力が加わり、筋肉・神経・靭帯・関節を損傷し痛みや炎症を生じます。レントゲンでは骨に異常がなくても頭痛、めまい、首・肩・腰の痛み、しびれ、倦怠感、不眠などの症状が生じます。『むち打ち損傷』は受傷直後には痛みなど感じなくとも、2、3日後に痛みが出てくるケースもあります。
むち打ち損傷には症状が軽いものから後遺症を残すひどい場合もあります。

むち打ち症の症状

事故直後に生じる症状としては、次のようなものが代表的です。
頭痛、めまい、首の痛み 、肩こり、腰痛、腕から指先のしびれ、腰から足先にかけてのしびれ、不眠、聴力低下、吐き気、集中力低下など
このような状態は、事故直後~数日以内に現れることが多いのが特徴です。
その後、3~6カ月以内に軽快していく場合が多いです。

むち打ち症の問題点

『むち打ち損傷』は、交通事故で負傷した方に多く見られます。
放っておくと生涯にわたり後遺症に悩まされる方もいます。また、事故後6か月を過ぎると、痛みが残っているにもかかわらず、保険会社の方から『症状固定』を迫られて、治療費が支払われなくなる場合もあります。
『むち打ち症』は、レントゲンでは異常がないことが多く、そのような場合に後遺障害の認定を受けることは難しくなります。
ケガをした当初はさほど気にならなくても、数日経ってから痛みが増してくる場合が多いです。『そのうちに痛みも治まるだろう…』と思って放っておくと痛みがさらに悪化してしまいます。
交通事故の後、痛みを残さないためには、いかに早く炎症による痛み・腫れを引かせるかが重要です。
交通事故による痛みでお悩みの方はお気軽にご相談ください。